カテゴリー

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 韓国人の短期滞在査証免除 | トップページ | 神田古本まつり »

2005年10月25日

アイスブレーキング

こんばんは、桑田です。「ワークショップ」というものを初めて体験したのは、4年ほど前、ボランティア活動に関する講演会を受けたときでした。講演会の中にワークショップというプログラムがあり、席が近いからという理由で少人数のグループに分かれ、課題をこなし、参加者の発言(ここでは、ボランティアとしての対応)について意見を出し合うというものでした。
見ず知らずの人たちが、喜んで課題に従い、いきなり討論をはじめる‥‥わくわくする体験でした。

「アイスブレーキング」という言葉を知ったのは、今年になってからです。最初は「コーヒーを飲むのかな」と思っていましたが、これでは単なる休憩です。見ず知らずの参加者同士が、クイズに答えたり、ちょっとしたゲームをすることで、緊張をほぐし、少しでもうち解けるようにという意図を持ったものらしいです。これも、ボランティアやNPO関連の本を読むうちにわかったことです。

ボランティアの学習とか、カウンセリングとかの心理学に関連したゼミ・ワークショップでは、アイスブレーキングをやることはごく普通のことでしょうか? ぼくは法学部だったので、ワークショップとか、アイスブレーキングを体験するということはありませんでした。

法律の学習でも、アイスブレーキングを取り入れたら面白いかもしれません。いっそのこと、裁判所の調停の席で、ラウンドテーブルを囲んで当事者も調停委員も裁判官もアイスブレーキングをやるというのはどうでしょうか。緊張をほぐし、当事者の本音を引き出して調停成立‥‥なんてことまで想像してしまいました。

(追記)関連記事「アイスブレーキング(2)」を掲載しました。(2007年9月11日)

« 韓国人の短期滞在査証免除 | トップページ | 神田古本まつり »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アイスブレーキング:

« 韓国人の短期滞在査証免除 | トップページ | 神田古本まつり »