カテゴリー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 春になると | トップページ | 行政関係の専門誌 »

2006年4月12日

入管法基準改正

ごぶさたしています、くわたです。
3月30日付官報で、「出入国管理及び難民認定法第7条第1項第2号の基準を定める省令」が改正されています。在留資格「留学」と「医療」の部分です。

「医療」については、外国人医師・看護師に対するビザの要件を緩和したというものです。
このブログでは以前から「韓国と看護師」に関するテーマで記事を書いていますが、これらのキーワードで検索した方にも関心を持っていただきたい改正点です。
もっともぼく自身、まだ詳しく読んでいませんので、また何かわかったら書いてみたいと思います。

「留学」については、夜間の大学院生にも、留学ビザを認めるようになったというものです。
今までは、大学でも大学院でも、夜間部の学生には留学ビザは認めていませんでした。夜間部、と書きましたが、正確に言いますと「もっぱら夜間の講義を受ける」という意味です。

夜間部の学生はなぜ許可基準にあたらないかといいますと、推測ですが「昼間は働くんでしょ? それだと勉強が主目的とは言えませんよ」ということだったのでしょう。
それが今回の改正で、大学院生が「もっぱら夜間の講義を受ける」場合でも、留学の許可基準にあたるようになった、ということだと思います。

今回の省令改正については、法務省入国管理局のサイトに掲載されています。
http://www.immi-moj.go.jp/

« 春になると | トップページ | 行政関係の専門誌 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135416/9566739

この記事へのトラックバック一覧です: 入管法基準改正:

« 春になると | トップページ | 行政関係の専門誌 »