カテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 韓国の「就籍特例法」 | トップページ | 韓国の戸籍謄本 »

2006年5月31日

入管法基準改正「興行」

本日付の官報(号外第123号、12ページから16ページまで)に、「出入国管理及び難民認定法施行規則」の改正省令が掲載されています。

今年に入ってから、在留資格「興行」の基準が改正されていますが、これは外国人が日本で演劇等の興行をするにあたり、公的機関の招へいによるものや大規模な公演と、そうでないものを分け、前者についてはより簡便に許可される、という趣旨の改正です。

具体的には、次のどれかにあたる場合はより簡便な手続になるとされています。
* 国・地方自治体等および、(学校教育法上の)学校が招へいする場合
* 国・地方自治体等の援助を受けて設立された機関が招へいする場合
* 敷地面積10万平米以上の常設の劇場での公演
* 非営利施設または定員100人以上の施設で公演する場合で、飲食物の有償提供や客の接待をしない施設であること
* 報酬額が1日あたり50万円以上、かつ15日以内の滞在で公演する場合

そして今回の入管規則の改正では、具体的な提出書類及び新しい申請書式について定めています。

大学や専門学校等で外国人アーティストを招へいする場合、興行ビザの申請も、よりわかりやすいものになりそうですね。

« 韓国の「就籍特例法」 | トップページ | 韓国の戸籍謄本 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135416/10331895

この記事へのトラックバック一覧です: 入管法基準改正「興行」:

« 韓国の「就籍特例法」 | トップページ | 韓国の戸籍謄本 »