カテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 多文化共生調査資料 | トップページ | モンゴル語の辞書 »

2006年6月15日

韓国からのワーキングホリデー

久しぶりに、韓国語のメール相談に韓国語で回答しました。

質問の要旨は、現在日本で専門学校に通っていて、来春卒業後(留学ビザも来春まで)、韓国でワーキングホリデーを申請することができるか、というものでした。

「26歳未満の場合申請は可能だが、ワーキングホリデー制度の趣旨は、日本文化を知ってもらうということなので、日本に長期滞在した経験のない人が優先される」という意味の回答をしました。

以前にもこのブログに書いたことがあると思いますが、韓国でのワーキングホリデー応募者は、毎年定員の4~5倍にも及ぶ、ということです。
ちなみにデータによりますと、ワーキングホリデー査証(日本国内では、在留資格「特定活動」)の発給件数は、平成16年で
韓国→日本 2105件  日本→韓国 387件  とのことです。(平成17年版「出入国管理」法務省入国管理局編)

« 多文化共生調査資料 | トップページ | モンゴル語の辞書 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 多文化共生調査資料 | トップページ | モンゴル語の辞書 »