カテゴリー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006年7月24日

新会社法と定款の研修会

先週の土曜日は、横浜の仕事塾という研修会で新会社法と定款の記載に関し、公証人の方からお話しをいただきました。
役に立ったお話しは、会社法の条文の中で「特別決議」の条文(会社法309条2項以下)と「登記事項」の条文(会社法911条以下)の重要性です。
とくに前者については、株主総会での特別決議が必要な場合を確認することにより、「もし定款に定めていないと、あとから加えたりするには大変な手間がかかる=だからあらかじめ定款に定める必要がある」という考え方を知ることができ、勉強になりました。

2006年7月21日

産経新聞のサイトより

産経新聞のサイトに、自民党より外国人の受入拡大に関する提言があったという記事がありました。

外国人介護福祉士に在留資格を 自民特別委
http://www.sankei.co.jp/news/060718/sei100.htm

この記事には、日本の介護福祉士の国家資格取得者に在留資格(就労ビザ)を認めること等の提言がなされた旨書かれています。

福祉系の専門学校の中には、2年通学して卒業時に介護福祉士の国家資格が取得できるという学校もあるようです。もしこの制度改正が実現すれば、これら福祉系の専門学校も留学生を受け入れやすくなることでしょう。

2006年7月19日

逐条解説行政手続法

「逐条解説 行政手続法」の新版が出ました。平成17年の行政手続法改正を踏まえた内容となっています。

以前このブログに書いたと思いますが、新しい法律の逐条解説(コンメンタール)は、法制定の時や、法改正の時ではないとなかなか入手しにくいものです。
また、「行政書士法コンメンタール」の著者、兼子仁(かねこまさし)先生は、行政書士であるなら行政手続法をはじめとした行政法規に通じていることが必要、という趣旨のことを書かれています。

数少ない行政手続法の参考書として、この「逐条解説行政手続法」をおすすめします。(ぼくもこれから読みます。)

*「逐条解説 行政手続法 18年改訂版」
IAM(行政管理研究センター)編集  ぎょうせい  ¥1800

2006年7月15日

猛暑

3日連続の猛暑です。きょうも午前中はいい天気。でも西の方の空が暗くなってきました。遠くの方でゴロゴロ鳴っているような気が。
住宅街では、あちこちで干した布団をパタパタはたく音が響いています。

いま事務所に戻りましたが、駅を出たところからすごい雷雨に遭遇しました。事務所の外では「パシャーン!」という音が響いています。かなり近くで落雷があった模様です。

さて、外出先の様子をブログで書いてみたのですが、これにはきっかけがあります。
「今日のトーキョー」というサイトでは、主宰者が東京の街角で遭遇した出来事をモバイルでさっと投稿する「トーキョーニュース」というコーナーがあります。そしてその投稿の表示窓を、希望者が自由に自分のサイトに貼り付けられる、という仕組みになっています。

なかなか面白そうですね。最近では多くの人が自分のブログやSNSのコミュニティーなどに、携帯電話から投稿しているのではないでしょうか。

「今日のトーキョー」
http://tokyotoday.net/

おまけ:東京情報と、東京をテーマにしたブログを集めた
「トーキョー☆ブックマーク」
http://www.tokyobookmark.jp/

2006年7月14日

本日の紅茶

きょうの紅茶は「ハロッズ」のブレックファーストブレンド(No.14)です。朝の目覚めの一杯用ということでしょうか、わりと濃い目のセイロンティーです。
もっとも、産地別(ウバとかディンブラ)ならともかく、ブランド別の味の違いはほとんどわかりません。個人的には日東紅茶のファンですね。
暑い日中、冷房を弱めにかけた事務所で熱い紅茶を飲むのもまたいいものです。

日東紅茶
http://www.nittoh-tea.co.jp/

ハロッズ(紅茶)
http://www.niko.co.jp/harrods/tea.html

2006年7月13日

「老いじたくは財産管理から」

現在ココログのメンテナンス中ですが、モバイルからの投稿は可能でしょうか。

最近「老いじたくは財産管理から」(中山二基子著、文春文庫)を読み返しています。
財産管理を行う成年後見人がこころがけることとして、すでにこの本で「本人(成年被後見人)に一番良いように財産を使うこと」の重要性が説かれています。
兄弟など推定相続人は、成年後見人が本人のために本人の財産を使うことに反対する場面があるかもしれませんが、あくまで本人の利益のために財産管理をすることが成年後見人の職務である、という意味のことが書かれています。

この本は成年後見制度ができた直後に書かれたようですが、古さを感じさせず、参考になるところがたくさんあります。

2006年7月10日

家事審判法の本

こんばんは、クワタです。ニフティのココログについては、編集画面を表示することはできますが、一つのコマンドを実行(たとえば記事一覧表示、新規投稿、アクセス解析など)するたびに3分くらいかかります。

離婚に関する相談を受ける立場としましては、家庭裁判所での手続きを知ることは不可欠です。家庭裁判所での手続は「家事審判法」に規定してありますが、家事審判法に関する書籍を紹介します。

「家事審判法実務講義案(5訂版)」
裁判所書記官研修所監修  司法協会発行  2004  \3000

家事審判法の教科書としてはおそらく唯一の本です。「離婚相談」を標榜するのであれば、必読ですね。
 

2006年7月 9日

ココログの不具合

こんばんは、クワタです。
先週の木曜日から、このブログの編集画面をほとんど開くことができません。閲覧は今のところ問題ないですが、コメントは反映されるか不明です。
今週はココログがメンテナンスを48時間行うようです。
モバイルから投稿してみて反映されればよいのですが。
ブログの移転も検討せざるを得ません。

2006年7月 4日

「興行」をめぐる最近の改正

在留資格「興行」についていろいろ調べていますが、ここでは最近の改正について備忘録程度に書いてみます。

1,平成17年2月に「興行」の基準省令が改正され(平成17年3月15日施行)、「本人の条件」の選択肢の一つとしてあげられていた「外国の国若しくは地方公共団体又はこれらに準ずる公私の機関が認定した資格を有すること」が、削除されました。

その結果、本人の条件としては、「外国の教育機関において、芸能につき2年以上専攻したこと」または「2年以上の外国における芸能の経験を有すること」のいずれかとなりました。

この基準省令改正の関連記事(法務省): http://www.moj.go.jp/PRESS/050215-1.html

2,平成18年3月に「興行」の基準省令が改正され(平成18年6月1日施行)、主に「人身取引関与者の排除」と「報酬の支払いの確保」に関する規定の変更がありました。

公共機関等で芸能人等を招へいする際の、許可条件の緩和化につきましては、前回ふれたとおりです。

この基準省令改正の関連記事(法務省): http://www.moj.go.jp/PRESS/060310-1/060310-1.html
改正後の基準省令の条文: http://www.moj.go.jp/NYUKAN/NYUKANHO/ho13.html

2006年7月 3日

炭酸水

こんばんは、くわたです。情報提供のはずがいきなり雑談ですみません。
最近、思うところあって、減量中です。
食事の回数を減らして一日二食にしています。朝食はご飯2杯食べます。
飲み物にも気を使い、毎日トマトジュースを飲んでいます。それから、ノンシュガーの炭酸水を飲んでいます。とくに伊藤園の”ナチュラルスパークリング”を毎日のように愛飲しています。
やはり、夜に食べないというのが大きいですね。半年で11キロ減りました。でも3キロリバウンドしてしまいました。
もう少し減らしたいところです。

2006年7月 2日

情報サービス強化月間

こんばんは、くわたです。
今月は、韓国家族法(結婚、離婚、相続など)についての情報をより多く提供できるよう心がけたいと思います。
また、モバイルからの書き込みを増やしたいと思います。
モバイルからの書き込みはこのように短い文が続くと思いますが、モバイルからもブログに投稿できるという機能を生かして、更新の頻度を増やすよう心がけたいと思います。

2006年7月 1日

出国準備と「特定活動」

上陸許可を受けて日本に在留している外国人には、「在留期限」というものがあります(永住者を除きます。なお、在留資格「外交」「公用」は、在留期限が「公務終了まで」などとされているので、ここでは除外します)。

1,現在「留学」で在留している人が、企業に就職し、一定の条件をそろえた上で在留資格「人文知識・国際業務」への変更申請をしようとしている、と仮定します。この場合、申請後に「留学」の在留期限が来てしまったらどうなるでしょうか。

たとえば、
日本の大学卒業  3月25日
在留資格変更申請  3月26日
「留学」在留期限  3月31日
のような場合、「3月31日を過ぎても大丈夫でしょうか?」という相談を受けたとしたら、どのように回答するでしょうか。

「3月31日を過ぎても、日本に滞在して申請の結果を待っている分には、ただちにオーバーステイとはならない」という取り扱いがされています。

ぼく自身は、この点、「留学」の在留期間内に、正しく変更申請をしており、結果を待つ状態であるため、というように理解しています。
ただし、3月31日を過ぎて、許可が出る前に出国してしまったら、再入国はできません。「大学に通うために在留資格『留学』の許可を受けている」という状態でもないですし、「人文知識・国際業務」の許可を受けている状態でもないためです。

2,それでは、「留学」の在留期限(3月31日)を過ぎて不許可になった場合にはどうなるでしょうか。
虚偽申請が疑われる場合を除き、許可条件が足りないために不許可になったような場合には、不許可になった時点でただちにオーバーステイになるという取り扱いはされていません。

不許可になった場合には、申請人(外国人)が入管に行き、不許可理由を聞きます。そして、不許可という結果が出た以上は留学の在留期限(3月31日)を過ぎて滞在しているという事実につき、裏付けがなくなってしまうので、通常「出国準備期間」としての「特定活動」が付されます。

この「特定活動」は、文字通り「出国のための活動」を指定されて許可された、という意味で、3月31日を越えて出国準備まで必要であろうと思われる期間、たとえば6月10日に不許可になったらおおむね7月31日までの、(3月31日から数えて)4か月を付されることになるでしょう。

3年くらい前までは、出国準備として「短期滞在」でつなげていましたが、90日プラス90日の場合など、出国準備にしては長くなる場合もあったからでしょうか、現在では特定活動で「2か月」とか「4か月」とかを付される取り扱いになっています。
この設例の場合では、出国準備期間に出国し、あらためて「在留資格認定証明書交付申請」をすることになろうかと思われます。

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »