カテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 秋の国際交流イベント | トップページ | 法の適用に関する通則法 »

2006年9月 7日

「国際人流」2006年8月号

雑誌「国際人流」(財団法人入管協会発行、法務省入国管理局編集協力)の2006年8月号に、興味深いデータが載っていました。

○わが国の在外公館における査証発給数
 平成17年のデータです。年間合計141万5千件中、中国が40万8千件とダントツの1位ですね。40万件のうち、短期滞在は30万件です。
 2位は韓国、20万4千件です。

○平成17年中における「留学」及び「就学」の在留資格に係る在留資格認定証明書の交付状況
 一番多いのはやはり中国ですが、2位の韓国が、留学・就学ともに増加していることに注目しています。

データを見るといろいろな傾向が読み取れますので、関心のある方は一度目を通しておくとよいでしょう。

« 秋の国際交流イベント | トップページ | 法の適用に関する通則法 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋の国際交流イベント | トップページ | 法の適用に関する通則法 »