カテゴリー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 法の適用に関する通則法 | トップページ | 各地の国際交流イベント »

2006年9月11日

フィリピン人看護師受入れ

こんばんは、くわたです。
読売新聞のサイトで見つけたニュースです。

「フィリピン人看護師ら受け入れ、2年間最大1000人」
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20060911i112.htm

フィリピンから看護師・介護福祉士を受け入れることは決まっていましたが、その数が決まっていなかったところ、この度2年間で最大1000人と決まったようです。

今年になってから在留資格「医療」の基準を定めた省令が改正され、看護師の場合は最長7年とされたことについては、すでにこのブログでも触れたとおりです。
この記事の中で、「(日本の試験に合格するなど条件を満たせば)希望する限り日本で働き続けることができる」とありましたが、そうすると在留資格は「医療」ではなくて「特定活動」となるのかも知れませんね。

« 法の適用に関する通則法 | トップページ | 各地の国際交流イベント »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 法の適用に関する通則法 | トップページ | 各地の国際交流イベント »