カテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月29日

脳外傷友の会全国大会

今週は、岡山県倉敷市で「脳外傷友の会全国大会」が開催されます。全国大会は6回目で、今年は「おかやま脳外傷友の会・モモ」が主催するとのことです。

日本成年後見法学会「高次脳機能障害に関する研究委員会」での活動も3年目になりますが、この間「高次脳機能障害」に関してずいぶん広く知られるようになってきた、と思っています。
また、高次脳機能障害に関する書籍も、2年前は2,3冊しかなかったのですが、最近では20冊近くにも及び、特にリハビリテーションに関する参考書が増えています。

そこで、「少しずつ知られるようになってきた現時点での、現状と課題」について知るために、11月4日の全国大会講演会を聞きに行く予定です。(日本成年後見法学会が実施したアンケート調査の際には、岡山の「モモ」の皆さんには大変お世話になったという理由もあります。)

全国大会に関しましては、「おかやま脳外傷友の会・モモ」のサイトをごらん下さい。
http://www010.upp.so-net.ne.jp/tbi-momo/

2006年10月28日

ブックフェスティバルにて

ブックフェスティバルにて

神保町ブックフェスティバルに行きました。
会場のすずらん通りは歩くのも大変な人出です。
ゆっくり見たら1時間近くかかりました。
最初に買ったのは紅茶でした。

(追記)
さて、神保町ブックフェスティバルです。今年も大変な賑わいでした。食べ物の屋台もたくさん出ていました。

今回買った本は、法律書は弘文堂を中心に数冊、税務経理協会の著作権ビジネス雑誌「Right now !」、他にNTT出版のノンフィクション、さらに地方小出版流通センターで地元の歴史書、とバラエティーに富んでいます。

他に興味深かったブースは、法律書の有斐閣、日本語の大修館書店、中国専門の東方書店といったところでしょうか。ブックフェスティバルはあすの日曜日も開催予定ですが、雨天中止なので雨が心配です。

神田古本まつりの方は、三省堂書店1階の会場が無くなった代わりに、靖国通り沿いの南側の歩道にまで古本の屋台がずらりと並んでいました。

2006年10月25日

神田古本まつりの楽しみ

いよいよあさってから始まる「神田古本まつり」、そして週末の「神保町ブックフェスティバル」。
地下鉄神保町駅のA6出口、岩波ホールの出口から地上に出ます。目の前にはもう古本のブースがあります。

まずは地下鉄出口の目の前右側で法律書・福祉の書籍を探します。なぜか、法律書は「明石書店」、福祉の本は「ミネルヴァ書房」のものが安売りされていることが多いです。他には世界各国事情の本も目につきます。
そこから歩道寄りのところには、ビジネス書がたくさんあり、1冊300円から500円。これも楽しみです。

古本まつりとしては、神保町交差点の「みずほ銀行」のあたりから、「岩波会場」すなわち岩波ブックセンターのとなりの路地がメイン会場だと思います。しかし、路地の一番奥が定位置だった法律書古本のコーナーが、去年の古本まつりではなくなってしまったので、路地の会場はざっと眺めるだけですましてしまいます。

「神保町ブックフェスティバル」では、まずはすずらん通り入口付近にある「中央経済社」をじっくり見ます。今年は新会社法が施行されましたから、新会社法対応の本が安く売られていたら嬉しいですね(改正前の商法関係の本は買ってもしょうがないです)。
他には弘文堂、有斐閣、税務経理協会などをゆっくり見ます。有斐閣では、法律書の「復刊もの」が安く売られていることがあります。

「知る人ぞ知る」お店を2つあげますと、「レインボー通商」と「書肆(しょし)アクセス」ですね。前者は朝鮮半島の専門書店で、韓流本・韓流グッズがたくさんあります。後者は「地方小出版流通センター」でしたっけ、なかなか手に入らない地方の出版社の本を多数揃えています。もちろん特価の本が期待できます。

「ブックフェスティバル」では、屋台もたくさん出ます。名前は忘れましたが、「紅茶の葉っぱの量り売り」のブースが安いので楽しみです。

雨天中止なので、雨が降らないことを願うばかりです。

参考:当ブログ2005年の記事「ブックフェスティバルにて」
http://jklive.tea-nifty.com/infospring/2005/10/post_dff9.html

2006年10月18日

自治体学会関東フォーラム

先週、栃木県栃木市で開かれた「自治体学会関東フォーラム」に行ってみました。

栃木市を訪れるのは初めてです。栃木駅を降りて気がついたことは、「駅前にアーケードがない」「サラ金の看板が少ない」「崩れかかった家屋が二、三、目につく」といったところでしょうか。アーケードがないことはむしろ好印象で、街づくりにかなり力を入れていると思いました。

前半のシンポジウムでは、パネラーとして栃木市長も出席、熱のこもったお話しが聴けました。
市長の発言として、栃木市(栃木市役所)は「トータルサポートセンター」を目指す、これは福祉に限らずトータル的な行政サービスの提供である、というものがありました。
そのためには、(ディスカッションの発言にもありましたが)職員が相談を受けたときに担当課につなげるように、各課の状況を把握しておくことが必要となります。

この考え方は事務所の運営としても必要なことです。相談を受ける立場として、「この問題にはどの法律が関係してくるか」という知識、実際にそれぞれの専門家に連絡・紹介して対応すること(=横のつながり)が大切です。個人事務所なので「司法支援センター」のように大規模なものはできないとしても、このことに今以上に対応が必要
だと気づかされました。

夜の懇親会では、地酒(特別純米酒)飲み放題で、たくさんいただいたのはもちろん、多くの方とお話しできました。ありがとうございました。


2006年10月13日

一般社団財団法人法

きのう丸沼書店で「三省堂デイリー六法」の新年度版を買いましたが、帯に「一般社団財団法人法等新収録」と書いてあったのが目につきました。
そこで条文を読むとともに、ネットで検索してみたところ、法務省のサイトに関連のお知らせを見つけました。

「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律の施行に伴う中間法人法の廃止について」
http://www.moj.go.jp/MINJI/minji124.html

一般社団法人及び一般財団法人に関する法律が施行されると(公布日より2年6か月以内)、中間法人法は廃止されるとのことです。さらに、わかりやすい制度趣旨が書いてありました(次のかぎカッコ内は上記サイトの引用です)。

「一般社団・財団法人法に基づく一般社団法人は,準則主義によって設立される剰余金の分配を目的としない社団法人であって,公益的な活動だけでなく,社員に共通する利益を図るための活動その他の幅広い活動をすることが可能であり(以下略)」

なるほど、準則主義になったんですね。ちなみに今までは主務官庁の許可が必要だったはず、と思ってこのデイリー六法の民法の法人の規定を見ると、該当箇所が削除予定の枠で囲って表示してありました。

お知らせとお願い

こんばんは、桑田です。

<お知らせ>
昨日当ブログにコメントをいただいた件につきましては、コメント内容にかんがみ、削除の上個別対応とさせていただきます。ご了承ください。

<お願い>
1,ご質問・ご相談はメールまたは電話でお願いいたします。

2,左下の「プロフィール」の欄には、事務所の電話番号を記載しております。また、メールを送信するには、「プロフィール」の中の「メールを送信」をクリックして下さい。
なお、メールアドレスは「jkliveアットマークmbp.nifty.com」です(アットマークを@に直して下さい)。

3,ご相談は有料です。ただし、相談料を減額または免除する場合があります。なお、日本の就学ビザ・留学ビザを持っている人は、メール相談・電話相談・事務所での相談に関しましては無料です(出張相談は有料)。

以上よろしくお願いいたします。

2006年10月 6日

小型六法新年度版

今日「霞ヶ関政府刊行物サービスセンター」で、三省堂の「新六法」「デイリー六法」の新年度版を見かけました。

今年は小型六法の発行が早いですね。サイトを見たら、有斐閣ポケット六法は10月7日、岩波コンパクト六法は10月13日発行予定とのことです。
そのうち「丸沼書店」に山積みにされることでしょう。

去年は新会社法が掲載されていたので事務所用と自宅用と2冊買いましたが、今年は1冊で充分でしょう(もう少し使い込まないとさすがにもったいない気がします)。

2006年10月 3日

ハングルビューアー

韓国の官公庁のサイトを見ますと、添付資料をダウンロードできる場合があります。法改正の要約などがダウンロードできるのですが、ときどき添付ファイルが「hwp」の形式になっています。これは韓国のワープロソフト「アレアハングル」で作成された文書ファイルです。
PDFファイルのように、文書の中身を確認できるソフトをダウンロードできないかと思い、YAHOO! KOREA で適当に「hwp viewer」と入力して検索したところ、文字通り「hwp viewer」を見つけました。アレアハングル(現在はハングル2005というソフト名)の会社「ハーンソフト」のサイトです。

http://www.haansoft.com/hnc4_0/haansoft/download/pds.php?classid=25

한/글 뷰어 2005 (ハングルビューアー2005)の文書マークをクリックして適当にダウンロードと組み込みをすると、hwp文書が見事に読めるようになりました。文書の編集はできないようですが、印刷は可能です。

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »