カテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 専門学校とビジネスビザ | トップページ | 入管六法 »

2006年11月21日

専門学校とビジネスビザ2

こんにちは、クワタです。

専門学校を卒業予定の留学生が、めでたく(日本での)就職が決まったとします。当然、入国管理局に「留学」から「人文知識・国際業務」(または技術)への「在留資格変更申請」をしなければならないのですが、いつ申請すればよいでしょうか。

まず、現在の「留学」ビザの在留期限を確認します。在留期限が来る前に、申請しなければなりません。
ところで、雇用(または採用内定)が決まり、留学ビザの期限が「2007年3月18日」であるところ、専門学校の卒業式(卒業証明書の発行)が「3月25日」である場合にはどうすればよいでしょうか。

この場合も、「3月18日」の前に申請しなければなりません。そして、申請のときに「卒業見込証明書」をいっしょに出すことになります。
専門学校から卒業証明書がもらえたら、入国管理局に追加して提出します。

実際には、申請のあと、入国管理局から通知が来て「卒業証明書を持ってくるように」と書いてあることもあります。その場合は、旅券(パスポート)、外国人登録証明書(IDカード)、通知のはがきと一緒に卒業証明書を持っていくことになります。許可の場合は、卒業証明書とひきかえに、許可のシールを貼ってもらう、という取り扱いをすることもあります。

« 専門学校とビジネスビザ | トップページ | 入管六法 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 専門学校とビジネスビザ | トップページ | 入管六法 »