カテゴリー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« ソウル広報館 | トップページ | 韓国の看護師制度 »

2009年1月29日

最近の新聞記事(入管関連)

○外国人留学生に門戸広く 法務省、入国審査を簡素化(アサヒ・コム)

http://www.asahi.com/national/update/0123/TKY200901230180.html

外国人留学生の負担を減らすため、
* 在留資格「就学」を廃止し「留学」に一本化
* 留学ビザの発給簡素化
* 「留学」の在留期間延長
などを、2009年度から順次実施するとのことです。 

留学生を支援している当事務所としましても、これは朗報です。
とはいいましても、別の側面から見ますと、手放しで喜べないような気もします。

例えば「在留期間を(現在の最長2年から)延長する」というのは、大学を中退した場合というのはどのような扱いになるのでしょうか。
やはり、「学校に行っているから留学ビザ」というのが原則だ、と思っています。
そうしますと、「新しい在留管理制度」の動向と「学校の留学生管理」が、より重要になってくるでしょう。


○初の外国人介護職が就労 インドネシアから101人(共同通信)

http://www.47news.jp/CN/200901/CN2009012901000021.html

介護福祉士試験のためには、「3年の実務経験」が必要とのことですから、候補者が実務経験の段階に入った、ということですね。
「就労」という言葉を使えるかどうかはもう少し吟味するとしまして、この制度が定着するかどうかも、候補者の皆さんや受け入れ機関のみなさんにかかっているわけですから、今後も関連ニュースに注目したいと思います。 

« ソウル広報館 | トップページ | 韓国の看護師制度 »