カテゴリー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 改正入管法の施行日 | トップページ | 改訂:就職活動のための特定活動ビザ »

2012年1月25日

入管法改正の背景

こんばんは、行政書士の桑田です。

さて、入管法の改正による新しい在留管理制度が、平成24年7月9日からスタートすることになります。
http://www.immi-moj.go.jp/newimmiact_1/index.html

今回の入管法改正の背景には、次のようなものがあると思われます。

1,入国管理制度と外国人登録制度の二元化による問題
2,住所移転等の届出が適切にされないことで、行政サービスの不徹底という問題
3,国際結婚の場合、夫婦でも外国人配偶者は住民票に記載されないという問題
4,不法滞在者が外国人登録をしてしまう問題

1,在留資格に関する許可の手続(入国審査や、在留期間更新など)は入国管理局が行います。そして、許可後すなわち日本への入国後の住所移転などは、(この度の改正までは)外国人登録というシステムにより、市町村が管理しています。
つまり、入国管理局が(日本に長期滞在する外国人の)情報を把握する機会は、入国審査と更新申請(または変更申請)という「点」と「点」しかなかったとされています。

(参考書籍:有斐閣「新しい入管法」p12)

2,長期滞在する外国人が、転居しても住所移転の届出をしない場合、例えば子供の予防接種や小学校入学の通知ができないなど、行政サービスの提供に問題があると指摘されていました。

3,従来、日本の住民票には日本国籍を持つ人だけが記載されましたので、国際結婚夫婦では「一体感がない」「そもそも手続に困る」などの問題がありました。

4,不法滞在者が外国人登録をして外国人登録証が発行されると、いくら外国人登録証に「在留の資格なし」と赤い字で書かれていたとしても、雇い主が正規の許可(その外国人が滞在できて、就労もできる)を持っていると誤解してしまうという問題がありました。

個人的には、以上のように理解しています。

« 改正入管法の施行日 | トップページ | 改訂:就職活動のための特定活動ビザ »